新着情報

業界最多の射出成形機累計出荷台数13万台を達成

  • 2017年09月05日 ニュースリリース一覧
    • 日精樹脂工業では、去る8月31日に、射出成形機の累計出荷台数が13万台を突破しました。

       当社は、本社工場に加え、中国とタイの海外2工場からなる世界3極生産体制により、グローバル市場に向けて射出成形機を供給していますが、いずれの工場も順調に稼働しており、2014年3月の12万台達成から3年5ヶ月で13万台の達成となりました。累計13万台という出荷台数は、国内成形機メーカーでは業界最多(当社調べ)であります。
       1947年にプラスチック成形加工で創業した当社は、1957年に機械メーカーに転身、射出成形機の専業メーカーとして、仕向け先の業種のニーズに合った成形機や成形技術、成形システムの開発、新素材への対応等を図ってきました。

       累計出荷13万台の達成について、社長の依田は『当社は今年創業70周年を迎えますが、今回13万台を達成できたこと、また創業70周年を迎えることができるのも全て、当社機をお使いいただいているお客様のご支援、ご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。当社の原点はプラスチック成形加工であり、創業者が抱いたプラスチックに対する熱い思いは、現在も当社に脈々と受け継がれております。今一度この思いを心に留めて、単に成形機をご提供するだけではなく、成形技術を含めた当社ならではのご提案、「お客様が儲かる機械、儲かる技術」をご提案できるよう心掛けてまいります。』と述べています。
  • ニュースリリース一覧に戻る
ページトップへ
分享到:QQ空间新浪微博腾讯微博人人网微信